内視鏡検査について

内視鏡検査について

内視鏡検査について

細い管の先端にCCDカメラがついたスコープを挿入し、内臓の内部の状態を観察する検査が内視鏡検査です。内視鏡には耳鼻咽喉科で用いられる咽頭内視鏡やおもに呼吸器内科で用いられる気管支鏡、胸腔鏡や腹腔鏡など用途や対象臓器に合わせてさまざまな種類がありますが、もっとも広く知られているのは消化器内科で消化管の内部を観察するために用いられる内視鏡なのではないでしょうか。

消化管の内視鏡検査には、口や鼻からスコープを挿入して喉頭、食道、胃、十二指腸を検査する上部消化管内視鏡検査(胃カメラ)と、肛門からスコープを挿入して大腸と小腸の一部を検査する下部消化管内視鏡検査(大腸カメラ)があります。

いずれの内視鏡検査でも、ポリープなどが見つかった場合にその場で切除したり、病変部の組織を採取したりすることが可能です。

食道がん、胃がん、大腸がんなど消化器のがんは、患者数が多いと同時に、その死亡率も高い恐ろしいがんです。しかし、早期に発見することで、体に負担をかけずに、完治を目指すことも可能です。

進行した後に病気を見つけて後悔しないために、早めに検査を受けることが大切です。さらに、一度検査を受けたからと安心せず、年に1回を目安に定期的に検査を受けることをおすすめしています。

内視鏡検査の種類

ここでは、消化器内視鏡検査のうち、主となる2つの検査をご紹介します。

上部消化管内視鏡検査(胃カメラ)

上部消化管内視鏡検査(胃カメラ)

口や鼻からCCDカメラつきスコープを挿入し、喉から食道、胃を経て十二指腸までのそれぞれ内部を観察する検査です。

一般に「胃カメラ」と称されることも多い検査ですが、胃以外の臓器内も調べることができます。 がんなどの病変が見つかった場合はその広がりや深さなどをさらに詳細に調べ、必要に応じて粘膜の一部を小さく切り取って採取し、組織が良性か悪性かを調べることもあります。

上部消化管内視鏡検査で調べられる器官は以下のとおりです。

喉頭:

咽頭と気管をつなぐ呼吸器で、いわゆる「のどぼとけ」がある場所にあります。鼻や口から取り込まれた空気と食物を、空気は気管へ、食物は食道へと振り分けています。内視鏡検査で咽頭に見つかるがんを咽頭がんといい、発生する場所によって「声門がん」「声門上部がん」「声門下部がん」の3つに分類されます。

食道:

咽頭と胃をつなぐ管状の臓器で、消化機能はありませんが消化器に分類されます。食道にできる食道がんと呼ばれるがんも、内視鏡検査で見つけることができます。重複や転移の起こりやすいがんであり、内視鏡により早期に発見することは治療にとても効果的が期待できます。

胃:

消化器の中核をなす臓器であり、食道と十二指腸の間に位置しています。食物を一時的に貯蔵して消化し、適量ずつ腸へと送り出す働きをしています。上部消化器内視鏡検査で胃潰瘍や胃がんが見つかることも多くあります。

十二指腸:

小腸の一部、一番上の部分を十二指腸と呼び、胃から送られてきた食物をさらに細かく消化して小腸へと送る働きを担います。上部消化器内視鏡検査では十二指腸乳頭部まで観察するのが一般的で、十二指腸がんや十二指腸潰瘍などが見つかることがあります。

下部消化管内視鏡検査(大腸カメラ)

下部消化管内視鏡検査(大腸カメラ)

肛門からCCDカメラつきスコープを挿入し、直腸、結腸からなる大腸の内部を観察する検査です。はじめに一番奥の盲腸までスコープを挿入して、徐々にスコープを抜きながら大腸の内部に出血や炎症、ポリープやがんなどがないかを確認していきます。

ポリープやがんなどの病変が見つかったら、クローズアップして観察したり、色素を散布したりしてより詳細に調べます。詳細な診断のためには、検査前に腸内の洗浄を十分に行っておくことが重要です。

必要に応じて粘膜の一部を小さく切り取って採取する組織生検を行いますが、組織生検時にはさほど痛みを感じることはありません。採取した組織は顕微検査で良性か悪性かを調べます。

下部消化管内視鏡検査で調べられる器官は以下のとおりです。

結腸:

全体で1.5から2メートルほどある大腸のなかで、小腸に近い部分を指します。細かく分けると「盲腸」、「上行結腸」、「横行結腸」、「下行結腸」、「S状結腸」からなり、小腸で消化吸収された食物の残りから水分を吸収し、固形の便を作り出す働きをしています。日本人では特にS状結腸にがんができやすいとされていますが、下部消化管内視鏡検査で見つけることができます。

直腸:

大腸のなかでも肛門に近い部分を指し、「直腸S状部」、「上部直腸」、「下部直腸」からなっています。日本人は直腸にがんが発生しやすいといわれてます。下部消化管内視鏡検査による早期発見で、転移を防ぐことが大切です。

お問い合わせはお気軽に

お悩みの方はお電話にてお問い合わせください

8:30〜12:30 / 15:30〜19:00
休診木曜午後/土曜午後/日祝

03-5310-7010

大沼田メディカルクリニック

pagetop